2018年06月19日

山口恵以子 (著) 愛は味噌汁 食堂のおばちゃん(3) 書評・レビュー

いつもありがとうございます。
  




 
味噌汁愛!
人情味あふれる下町の食堂
昼は定食屋で夜は居酒屋。
   
 
  

https://amzn.to/2lj6oDN

姑の一子と嫁の二三が仲良く営んでおり、
そこにアルバイトの万里が加わってはや二年。
 
美味しくて財布にも優しい佃の「はじめ食堂」、
常連客の笑い声が絶えない。
 
新しいお客さんがカラオケバトルで優勝したり、
常連客の後藤に騒動が持ち上がったり、
一子たちがはとバスの夜の観光ツアーに出かけたり、
「はじめ食堂」は、
賑やかで温かくお客さんたちを迎えてくれる。

 
 
 
人情ネタは心が温まります。
料理のレシピの絶品揃いと思います。

私は行き付けの喫茶店が
著者の小説で登場する「はじめ食堂」や
「めぐみ食堂」、そのままでした。
 
3年前に閉店したので残念です。

今は自宅近くの
「二代目 まるたに商店」という
居酒屋がお気に入りです。   
 
 
 
 
《著者略歴》 山口恵以子(やまぐち えいこ)

1958年、東京都江戸川区生まれ。早稲田大学文学部卒業。
松竹シナリオ研究所で学び、脚本家を目指し、
プロットライターとして活動。
 
その後、丸の内新聞事業協同組合の
社員食堂に勤務しながら、
小説の執筆に取り組む。
 
2007年、『邪剣始末』で作家デビュー。
2013年、『月下上海』で第20回松本清張賞を受賞。
 



 
 
お見合い43回全敗!? の著者に興味津々です! 
   
 
↓詳しくはこちらへ
https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/enter/#rHVHaS


posted by テルリー村上 at 07:24| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする