2017年10月26日

家事大学学長 高橋ゆき

いつもありがとうございます。






家事研究家

仕事に家事に育児に、
いつも頑張っている女性に、
少しでも心と時間の余裕が持てる”
楽ラクキレイ”な家事のコツを研究。

そして、
家事代行会社(株)ベアーズの取締役副社長。


download.jpg


座右の銘 人生まるごと愛してる
趣味 しごと(志事)


1969年、東京都生まれ。
1989年、都内短期大学卒業。IT関連会社に就職。
1990年、出版社の広告営業・企画部門へ。

香港にて1ヵ月半、取材旅行を行う。

1995年、商社のマーケティングマネージャーとして
香港に4年間滞在。

1999年、株式会社ベアーズ専務取締役就任。
2003年、家事研究家としての活動開始(現任)。
2015年、世界初の家事大学設立、
学長として新たな挑戦を開始(現任)。
2016年、株式会社ベアーズ取締役副社長就任(現任)。


download-1.jpg


家事大学ってなに?

1人でも多くの人に
家事に関心を持ってもらい、
家事を楽しみ、

実践を重視することで、
暮らしに愛が輝き、

明るい人生を送るため、
家庭生活の向上と社会経済の発展に
寄与することを目的として
設立された大学。


通学やWEBなどでも学べる。


女性のみならず、
男性でも学ぶ方が多い。


IMG_5418.jpg


↓詳しくはこちらへ
https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/enter/#rHVHaS
posted by テルリー村上 at 06:41| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

スピリタス 96度 500ml

いつもありがとうございます。






世界最強のお酒。



http://amzn.to/2zAnpyb

厳選されたライ麦を主体とした穀類が原料。
70回以上の蒸留を繰り返すことで
96度の高濃度の仕上がり。

96度というアルコール度数は
ウオッカというよりも
精製スピリッツと呼ぶのが相応しい。


原酒として活性炭濾過や割り水をして
アルコール度数を低くしたものが大半です。

ポーランドでは、古くから家庭で
薬草や野生の果実などを
高濃度のウオッカに漬けこんで
フレーバーウオッカとして楽しむ習慣がある。
その時に使われていたのが
このスピリタス。


2017102501.jpg

レモンの皮と砂糖を入れ、
10日以上寝かせる
自家製レモンチェッロに最適。




もっぱら、
アロマオイルを混ぜて使ったり
消毒用アルコールとして重宝してます。


フレーバーウォッカにも挑戦。


まずは、
すももをカクテルにしてみました。
琥珀色の甘い香りがします。


メイソンジャーで
フルーツジャーカクテルを
試します。


6.jpg

↓詳しくはこちらへ
https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/enter/#rHVHaS
posted by テルリー村上 at 07:03| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

三島由紀夫レター教室 書評・レビュー

いつもありがとうございます。







「レター教室」と体裁はまるでハウツーもの?




http://amzn.to/2lbi0Lz


実質は「通俗小説」。

全編渡って5人登場人物の手紙だけで
構成されているとういう珍しい形式が特徴。


手紙だけで構成されたという読み慣れない形式、
コレが非常によろしい。


手紙だけからしか登場人物を知ることができない。

色々と空想が出来る部分が多く、
結果として毎回、読後感が違ってくる。

部分々々を深読みしてみたりと
色んな楽しみ方が出来ます。

この「レター教室」は手紙だけなので、スッキリした文体。
(登場人物の一人「炎タケル」の手紙はくどくて
鬱陶しいかも知れない。しかしそれはそれでいい。)


平易で読み易い文体やテンポ、
カメレオンみたいな読後感、
複雑な人間模様の妙味など、
読みごたえあり。

三拍子揃っていて、これこそが、
著者のベストワークかもしれません。


三島由紀夫の通俗小説一般が
持つ世界観は好き好きですが、
この世界観に嫌悪感を覚えないのなら、
絶対に読むべきです。


大当たり。


IMG_3584.jpg


三島由紀夫

東京生れ。本名、平岡公威(きみたけ)。
1947(昭和22)年東大法学部を卒業後、
大蔵省に勤務するも9ヶ月で退職、
執筆生活に入る。

1949年、最初の書き下ろし長編『仮面の告白』を刊行、
作家としての地位を確立。

主な著書に、
1954年『潮騒』(新潮社文学賞)、
1956年『金閣寺』(読売文学賞)、
1965年『サド侯爵夫人』(芸術祭賞)等。
1970年11月25日、『豊饒の海』第四巻「天人五衰」の
最終回原稿を書き上げた後、
自衛隊市ヶ谷駐屯地で自決。

ミシマ文学は諸外国語に翻訳され、
全世界で愛読される。



「手紙の書き方」 著者の意見


・私は手紙の第一要件だけを言っておきたい。
それは、当て名をまちがいなく書くことです。

・手紙を書くときには、
相手は全くこちらに関心がない、
という前提で書きはじめなければいけません。
これがいちばん大切なところです。

・手紙の受取人が受け取った手紙を
重要視する理由は、

一、大金
二、名誉
三、性欲
四、感情

以外には、一つもないと考えてよろしい。

引用元:
ちくま文庫「三島由紀夫レター教室」P215〜218より抜粋



↓詳しくはこちらへ
https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/enter/#rHVHaS
posted by テルリー村上 at 06:51| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

あなたを説得したい

いつもありがとうございます。





あなたが行動できる
きっかけを作る。



何もしないことが
楽です。

何もしないでいると
腐っていきます。

何もしないでいると
疲れます。


行動を始める、
行動を継続する
多くのきっかけがあります。


IMG_1280.jpg


愛する人と死別する。
投獄される、牢屋に入る。
事業が倒産する。
大病を患う、余命宣告される。


避けたいことばかり。


負の力を借りて
正の力、
生の力に転換する。


熱交換器。


この原理を使う。

IMG_1270.jpg


そして、
次の2点に集中する

(1)行動を開始する。
(2)行動を持続する。


何でも習慣化すれば、
自動化の恩恵を受ける
かもしれません。


すべてが変わる、
好転する起点を作るために
あなたを説得したい。


IMG_1285.jpg

↓詳しくはこちらへ
https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/enter/#rHVHaS
posted by テルリー村上 at 06:50| 福岡 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

価値あるものはスキル

いつもありがとうございます。






光を与えるスキル



人生の中で1つのスキルを
マスターした人は、
社会においても
優れた貢献をする人間になります。

1つのスキルをマスターするというのは、
そのスキルをもって
世界を相手にできるレベルの能力を
身につけるという意味です。


何かに卓越しようと
追求することは
人間に素晴らしさをもたらし、
自己に対する深い満足感を
与えてくれます。

この満足感は安定した自己イメージを
作り上げるため、
自分の周りのコミュニティーの中で、
他人と好ましく関わり合う事を
可能にさせます。


ぜひ、自分の楽しめるスキルや、
自分の心や魂をその達成に
捧げられるスキルを選んでください。


心が求めるスキルであれば
何でも構いません。

職人の技でも良いですし、
音楽でも良いですし、
投資家やリーダーが
持つビジネススキルでも
構いません。


選択肢は沢山あります。


自分の人生なのですから、
自分で選ぶのです。

追求したいスキルを見つけるためには、
生まれ持った才能についての一覧表を作り、
その中から1つ選んで強化する方法が
効果的でしょう。

例えば、自分は音楽に傾倒している、
というのであれば、
何か音楽の分野を追求するのが
良いかもしれません。

他にも、アスリートになり得る様な
身体的才能を授かっているのであれば、
スポーツに邁進し、
それを追求するのも良いかもしれません。
スキルを選択し、それを最高レベルまで
追求してください。


そして将来、見返りの
ご褒美を収穫するのです。


IMG_2764.jpg



「どんなスキルも、
多くの人は間違った“問い”を持っている。
 “どのくらいでマスターできるか?”が
問題なのではない。
“どのくらいでマスターしたいのか?”を決めて、
必要な行動量をとる。
 だから達人は反復も大量の行動も愛する。」



IMG_2743.jpg

↓詳しくはこちらへ
https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/enter/#rHVHaS
posted by テルリー村上 at 06:44| 福岡 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする