★あなたのお悩み、問題解決の無料コンサルティング受付中!

===================================================
◆NE&T コンサルティング
  代表のテルリー村上です。

  毎週、限定3名にスカイプにて無料コンサルティングをしています。
 あなたの問題に関するお悩みをお聞きして、必ず解決の糸口を見つけます。
 そして、お困りの原因を取り除き、前向きな道筋に気づいていただきます。
 すると、安心感を取り戻し、深く癒され喜びで満たされます。

 お気軽にご予約ください。
 お申込みはこちら!   → ココをクリック!

 お電話でも受付をしています。
TelNo.jpg
 お手数ですが、留守番電話にメッセージをお願いします。
 すみません、ご迷惑をおかけします。


===================================================


日記

がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事 神尾哲男著 書評・レビュー

いつもありがとうございます。



昨年、レシピ本「奇跡のシェフ」 の著者
神尾哲男さんの続編です。


2017年5月4日 午前10時18分、
神尾さんは、前橋赤十字病院で
お亡くなりになりました。

謹んでご冥福をお祈りします。



さて、著者は14年前に末期の前立腺ガンを
宣告されます。



そこで考えつきます。


「食で病気を治す。」

そして、食事の力で末期ガンを抑える。
生きるエネルギーの源、「食」の持つパワーを
引き出す。


食事を見直すことで
健康を維持できるのです


ガンになると
病院に行くことで
たくさんの検査を提案されて
病名を付けられます


医者は、あなたの現在の状態を分析し、
病気の症状を緩和することが
仕事のように感じます。


本気で自分を良くするには、
自分でやることが重要です。


内容について、
調味料に関するアドバイスが興味深いです。

[塩]塩化ナトリウム95%以上の塩は避ける。天然塩を使う。

[醤油]原材料に「脱脂大豆」とある醤油は使わない。

[味噌]自然な“生味噌”を選ぶこと。
味噌汁は60度以上に温めない。

[油]油選びが健康のカギを握る。

[砂糖]精製された砂糖は最強の毒。

[みりん]料理を深く美味しくする。砂糖の代わりとして使用

[酢]体を弱アルカリ性に保ってくれる。


さて、私が、食事の見直して7年になります。

玄米菜食に
切り替えました。

当初は、マクロビオティックにハマりましたが、
現在は自然体です。


朝食にこだわっていて
発酵玄米と味噌汁、梅干しを欠かしません。

しっかりと素食をすると
カラダが快の状態になることを
実感しています。




最近は、いろんな健康法がありますが、
迷うだけで時間を浪費します。


IMG_1829.JPG


健康、肉体の進化について
短期的に学ぶための
実践的なプログラムがあります。


↓詳しくはこちらへ
https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/enter/#rHVHaS

日常生活で非常識な習慣つくりを実践する。

いつもありがとうございます。




毎日、健康に関する知識が
洪水のように押し寄せてきませんか。


健常であれば、
スルーして
気にもかけない健康ネタです。

でも、病気になって治療を始めると
目が見開いて
選択できないほどの情報に
迷ってしまいます。


強靭な肉体で
健康を維持するには
努力が必要です。


そこで、7つの習慣を
実践することにしました。


1.朝起きたら500mlの冷水を飲む。
2.鼻うがいをする。
3.セサミオイルで口をゆすぐ。
4.コーヒーエネマをする。
5.キムチを常食する。
6.日の出の太陽を見る。







DSC08620.JPG

===============================
1.朝起きたら500mlの冷水を飲む。
===============================

水を飲むコップを用意する。


ガラスのコップが良いです。

そして、良い水を使います。

ガラス瓶の容器に
水を入れて冷蔵庫で冷やします。


朝起き冷水を飲むと
水がカラダに染み渡って
何となく、浄化した感覚になります。

毎日続けてると
少し若返ったかなと思います、



今回はここまでです。


あなたも、できることから実践しませんか。





↓詳しくはこちらへ
https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/enter/#rHVHaS

戦士の肉体をつくれ!

いつもありがとうございます。


文章家は戦士です。



毎日が、自己との戦い、
周りの人との戦いです。


だから、戦場に入るには
自己の肉体をコントロールすることが
欠かせません。

なぜなら、戦いにおいて
肉体が全ての土台だからです。


DSC08441.JPG



肉体の基礎を固めて
土台を強化し
進化するためにの方法をシェアします。



1.呼吸法
2.食事法
3.カラダの浄化法
4.運動



================================
1.呼吸法
================================

呼吸は、もっとも大事です。


あなたは、日常生活で
呼吸を意識することが
無いかもしれません。


まず、深呼吸して
意識をすることで
大きくリンパが動き
カラダが活性化して
目覚めます。


そして、
腹式呼吸をすることで
元気を継続可能です、



================================
2.食事法
================================


食べ合わせが、もっとも大事です。


何を食べるかではなく、何と食べるか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1.酸っぱいフルーツは単品で食べる。

2.甘いフルーツは甘いフルーツとだけ
 組み合わせる。

3.穀物を2種類以上組み合わせない。

4.おかず系は何でも合わせて良い。

5.食事中や前後は水を飲まない。

6.肉類と揚げ物は控えめにする。

7.乳製品は単品で摂る。

8.食間は5時間開ける。


上記の8つを意識することで
元気を継続可能です。



================================
3.カラダの浄化法
================================

カラダの浄化とは、
でとデトックスとも言われてます。


目、鼻、口から始まり、
内臓の腎臓、腸、
そして皮膚をケアする方法です。


目は、日の出から1時間以内に
5分から10分間、太陽を直視する。

鼻はネッティポッドで鼻うがいをする。

口はごま油でオイルプルをする。

腸はコーヒエネマをする。

皮膚は。
1.太陽光を浴びる。
2. 乾布摩擦をする。
3.温冷シャワーをする。
4.弱酸性にする。
→ 石鹸のアルカリ性、常在菌に良くない。


今日はここまでです。



まずは、肉体を進化するために
呼吸法から意識して始めたいと思います。


DSC08592.JPG


↓詳しくはこちらへ
https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/enter/#rHVHaS

文章家の観察眼を身につけるための心構え

いつもありがとうございます。



文章家には独特の観察眼があります。


文章家には、
物事を細かく分析して
多くの人々に分かりやすく
文章に起こし
伝える力が必要と思います。

多くの人々に伝えるには
難しい言葉を
易しい言葉に置き換える。

分かりにくい複雑な物事を
単純な物事の例え話に
置き換える。


何事も
易しく置き換えることで
認知度が高まります。


だからこそ、
文章家としての
観察眼を養うことが
重要です。



伝えたい事を
知ってもらう、認知度を上げるには
よく観察し、多くの事を言語化して
自分の個性を活用した脚本づくりが
欠かせないと考えています。



単純な単語の集まり、
項目の箇条書きでは
認知度は高まりません。

例えば、
ある商品を販売する広告で
商品名と価格だけでは
訴求力が欠けています。

スーパーマーケットのチラシ広告は、
有効に機能するかもしれません。

家や車、保険など高額商品の
広告では不向きです



大事な事を伝えるために
物語りの脚本づくりの
視点を持った観察眼を身につければ
文章家の技術が向上するかもしれません。



どうしたら短期間で観察眼を
向上できるか。

そのための習慣つくりの
エクセサイズが知りたいです。


DSC08584.JPG

↓詳しくはこちらへ
https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/enter/#rHVHaS

日本の文章家と言えば、株式会社ほぼ日の糸井重里です。

いつもありがとうございます。



文章家、コピーライターの職業を
初めて知ったのは
糸井重里の存在がきっかけでした。


印象に残っているのは、

日産自動車・セフィーロのCMで

「くうねるあそぶ」

井上陽水が
テレビCMに出演していて
ユニークで
「みなさんお元気ですか」の台詞は
インパクトがありました。





西武百貨店の

「おいしい生活。」

デパートのポスター、
電車内の吊り広告に
衝撃を受けました。

download-1.jpg

日本のバブル時代を表現しています。



そして、
キャッチコピーで
大金を稼げると思いました。


糸井繁里が
運営するるウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」は、
1日の総ページビューが
約140万の有名サイトで、
1998年6月6日に開設された。略称は「ほぼ日」。


有名なのは
2002年版からはじまった 「ほぼ日手帳」。

ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」が作っている
16年目をむかえる手帳です。



私は、2007年から数年間、
「ほぼ日手帳」の愛用者でした。



ほぼ日では
このオリジナルブランドである「ほぼ日手帳」
を中心にサイトから物販を行っています。

ほぼ日手帳は2012年に46万部売れたそうです。

2012年時点で売上28億。従業員数は当時49人。純利益3億。

2017年3月16日に「株式会社ほぼ日」は
ジャスダックに上場しました。



なぜ、うまく経営ができているのでしょうか。


1.糸井重里という存在。
2.ウェブサイトの全ての記事が価値を提供している。


自分メディアを構築してファンをつくる。
そして、そのメディアで商品を販売する。


広告費をかけず、
ファンへの価値提供の継続が
経営がうまくいくコツなのかもしれません。

DSC08515.JPG


↓詳しくはこちらへ
https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/enter/#rHVHaS
Copyright (C) ブログを始めて16週間で人生を50倍速にする方法. All Rights Reserved.