2018年07月20日

自由な人生、可能性を信じるには?

いつもありがとうございます。





    
  
あなたは、どんな感情で
毎日、満たされていますか。


   
陰と陽
   


明るく暖かい場所を求めれば、
その場所へ行くことができる。
 
暗くて冷たい場所を求めれば、
その場所へ行くことができる。
 
何に焦点を当てるかで
見えたり、
聞こえたりすることが
違ってくる。
  
 
あなたが感じたい氣持ちが、
身近なところに出現する。
 
あなたが感じたくない氣持ちが、
気づかないうちに消え去る。
  

意識と無意識の境目は、
どこにあるのかはわからない。
  
だからこそ、
前向きで積極的な側面に
焦点を当てるように努力する。
  


あなたの感情を意識して
自己をコントロールすると
大きなエネルギーを
感じるかもしれません。
  
そして、
正のエネルギー、
負のエネルギーは
渾然一体です。
  

あなたが
どのエネルギーを使って
行動を起こし、
引き寄せたい成果を
追い求めるのは自由です。
 

あなたの人生は、
成果を求める過程の
使うエネルギーの選択で
生活の満足度は
大きく異なります。
 
   
感情エネルギーを上手に、
効率的に使う方法を
教えていただけると
うれしいです。
  

 
あなたは、どんな感情で
毎日、満たされていますか。




IMG_0649.JPG

 
↓詳しくはこちらへ
https://naturalsuccess.jp/XBuddha/gold/special/#rHVHaS

posted by テルリー村上 at 06:52| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

哲人 ルキウス・セネカ

いつもありがとうございます。



    




  
ストア派とストイック、
ルキウス・セネカに学ぶ健康長寿の秘訣。
 
 
セネカは健康長寿に関する
  
とても参考になる
こんな名言を残しています。
 

「多忙に追われる者たちは、不意に近づく老年に驚く。

彼らは用意も防備もしないまま突然、老年に陥る。

生涯をかけて学ぶべきはよく生き、良く死ぬことだ。」
 


「人生の短さについて」からの抜粋で、
 
さらに続きます。
 
「我々の人生は短いのではなく、
我々がそれを濫費して、短くしているのだ。
 
例えば莫大な財産でも、
持ち主がだめなら瞬く間に雲散してしまうが、
良い管理者が持てば倍にもなる。

我々の一生も使い方を知れば長いのだ。」
 
そしてセネカは実例を次のように列挙します。
 
悪い例:
 
酒びたり、怠け癖、欲情の虜、
利得の夢に踊る、他人に利用される、
将棋、球技に熱中する、
大勢の子分囲まれ自由を失う、
 
良い例:
 
時間はすべて自分自身で使う、
無為、安閑に過ごさず、他人の歩調に合わさず、
情欲を離れ、得を愛好し、実践する
  
 

ストア派とストックな休息の活用
  
  
厳しい節制やトレーニングを
自らに課す生き方を
「ストイック」な生き方
という言葉使いますが、
 
その語源は、ストア派の学者です。
  
「禁欲的で克己的なありよう」
を体現する人物を指します。
 


セネカのエピソードで
興味深い事例があります。
 
セネカは若いとき、
大病を患った事があります。
 
完治するまで10年以上も
かかったとされています。
 
セネカが闘病中に、友人が
こんな慰めの言葉をかけたそうです。
 
「大変だね。せっかくの
青春時代が台無しだ」
 
するとセネカはこう返答したそうです。
 
「いや、私は青春時代を
台無しにしたとは思っていない。
 
学を修める良い機会が
得られたと思っている。
 
こうして、たくさんの書物を
読む事ができるのだからね」
 
…と、事実この間、
 
セネカは数千冊に及ぶ書物を
読破したと言われており、
 
この経験が未来の哲学者としての
思考力の礎を築いたのです。
 
「重要な事は、何を耐え忍んだかではなく、
いかに耐え忍んだかにある。」
 
これはセネカ自身の言葉です。
 
現代人もここから学ぶことがあります。
 
困難に遭遇して、停滞を
余儀なくされたとしても、
 
人生の成功に向けてのエネルギーを
蓄える時期にすれば良いのです。
 
情報を収集・整理する、
人脈の強化に努める、
スキルアップに励むなど
 
つまり自分自身に磨きを
かけておくのです。
 
そうすればチャンスが到来したとき、
それが必ず役に立つようになります。
 
 
 
ルキウス・セネカは
 
ストア派の哲人らしい
節制と節度に基づいた発言で
 
現代でも妥当と思われる
多くの教訓を与えてくれます。
 
セネカはまた、とりわけ
教養の向上に役立つ事を教え
 
例えば読書についても
以下のような言葉を残しています。
 
「読書は精神を養う。
 
精神が熟考に疲れた時、
読書は精神に再び力を与えるが
熟考を要求しない事はない。
 
我々は書くだけでやめたり
読むだけでやめてはならない」
 

そして、節制と節度が成功を生む。
  

精神、肉体、感情の進化を
自ら実践し、
他者に説いたのがセネカでした。
 

ストイックな人生!
 


IMG_0563.JPG
 

↓詳しくはこちらへ
https://naturalsuccess.jp/XBuddha/gold/special/#rHVHaS

posted by テルリー村上 at 06:55| 福岡 | Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

シャープ 50V型 4K対応液晶テレビ AQUOS LC-50U45 HDR対応 購入後レビュー

いつもありがとうございます。





 
   
購入して1ヶ月経過しました。
  
  
非常に満足してます。
  
 

  
 
https://amzn.to/2uC3qyi
 
 
  
8TBの外付ハードディスクが
認識、登録できて
多くの番組録画ができてます。
  
 
Fire TV端末、dTV端末での
オンデマンド動画の
視聴が使用頻度が高いです。
  
  
画質も自然で気に入ってます。
 
 
以前のテレビで
映画視聴時の
暗いシーンが
はっきりくっきりと
見られるのには驚きです。
 
 
32V型からの買い替えでしたので
リビングに与えるインパクトが
大きく生活の変化が
大きく感じれます。
  
 
4K薄型テレビ、
本当に良いですよ!
  
オススメです。
 

IMG_2674.jpg
  
  
↓詳しくはこちらへ
https://naturalsuccess.jp/XBuddha/gold/special/#rHVHaS
posted by テルリー村上 at 07:17| 福岡 | Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

水野学(著) センスは知識からはじまる 書評・レビュー

いつもありがとうございます。



  
 


「センスの教科書」
  
 
センスは生まれついたものではなく、
あらゆる分野の知識を蓄積することで
向上することを説く。
  
顧客の嗜好が多様化する時代、
スキルよりもセンスを磨くことで、
仕事を成功させるノウハウ。




   
 
https://amzn.to/2uFVVGH
 
 

【目次】
 
Prologue センスは生まれついてのものではない
 
Part1 センスとは何かを定義する
・センスとは、数値化できない事象を最適化することである
・まず「普通を知ること」が必要である
・子どもは自由に「センス」を発揮している
・美術の授業が「センス」のハードルを高くしている
 
Part2 「センスのよさ」が、スキルとして求められている時代
・センスのよし悪しが個人と企業の存続に関わる時代
・時代は「次の利休」を求めている
・技術がピークを迎えるとセンスの時代がやってくる
・新しいものが広がるには時間がかかる
・なぜ日本企業の製品にはセンスがないのか
・日本企業に必要なのはクリエイティブディレクター
・「経営者のセンス」が企業の底力になる
・クリエイティブディレクターは企業の医者である
・どんな職種にもセンスが必要不可欠になっている
 
Part3 「センス」とは 「知識」からはじまる
・すべての仕事において“知らない"は不利
・ひらめきを待たずに知識を蓄える
・イノベーションは、知識と知識の掛け合わせである
・センスとは、知識にもとづく予測である
・客観情報の集積がその人のセンスを決定する
 
Part4 「センス」で、仕事を最適化する
・「流行っている」=「センスがいい」ではない
・効率よく知識を増やす三つのコツ
・センスをもって選択・決断する
・もし、チョコレートの商品開発者になったのなら?
・知識のクオリティが精度の高いアウトプットをつくり出す
・知識を加えて、消費者のベネフィット(付加価値)とする
・アウトプットの精度をあげてシズル感を最適化する
・知識をセンスで測ってアウトプットを決定する
 
Part5 「センス」を磨き、仕事力を向上させる
・センスアップはスキルアップにつながる
・企画書は、消費者に知識、物語、価値を知らせる手紙
・「好き」を深堀りしてセンスあるアウトプットをする
・「好き嫌い」ではなく例を挙げてセンスを磨く
・「せまいセンス」でも、それを軸に仕事をすることはできる
・日常の工夫で、思い込みの枠を外す
・書店を五分で一周して気になったものが何かを確認してみる
・「幼児性」で新鮮な感性を取り戻す
・人生の先輩と話してセンスの底上げをする
・「服選び」は自分を客観視し、最適化する身近な方法
 
Epilogue 「センス」はすでに、あなたの中にある
 
  
 
著者自身の経験からの
デザインを決定するプロセスが興味深い。
   
そして、
事例と経験談が豊富でわかりやすい。
  

知識の集積、蓄積からの
ヒラメキこそが
センスの根源と感じました。
  
 
これからも知識の獲得に
励むことを心に誓える一冊です。   
 


IMG_0492.jpg
 
  
 
↓詳しくはこちらへ
https://naturalsuccess.jp/XBuddha/gold/special/#rHVHaS

posted by テルリー村上 at 08:25| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

15年間、無休でやりたい仕事と何か。

いつもありがとうございます。





  

仕事とは、
あなたのスキルを活用して  
価値を感じてもらうことです。
 
 
 
究極の仕事は、
教育かもしれません。
   
  

私は教育により多くの価値を
そして質の高い価値を
構築できる人々が
増殖することを願っています。
 
 
 
まずは、コピーライターから始めると
一歩一歩、前進すると感じます。
  
  

「仕事とは?」
それはあなたの永遠のテーマです。 
 
 

 
IMG_7654.jpg




↓詳しくはこちらへ
https://naturalsuccess.jp/XBuddha/gold/special/#rHVHaS
posted by テルリー村上 at 07:16| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする