2015年08月25日

苦痛と快楽は表裏一体のもの。

人生の楽しみは苦痛を
深く知ることから始まり
そして、
それが快楽に変わることなの
かもしれません。


感受性を強くすることで、
世の中すべてについて
見方が大幅に変わります。

”思い”を毎日、紙に書き出して
自分自身から捨て去りましょう。

すると、
自然に理解できるようになります。

人の五感は、個人差があり
どの感覚も一定ではなりません。
だから、
理解できるまでの時間差があるのです。

断食をすると理解が進むように
聞きますが、

これは体感覚が
どんな人にも入りやすいからかもしれません。
胃の中を”空”にすることは
アタマの中を”空”に
通じているようでもあります。


本日もご訪問ありがとうございます。
最後までお読みくださり感謝します。
posted by テルリー村上 at 15:25| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ | 更新情報をチェックする

三上でアイデアが出る!

人生に行き詰まっている人が
大勢いる。

「人生を逆転する。」
から想像することは
どんなことだろう?

まさか幸せの絶頂から
不幸のどん底へ向かうとは
想像しないだろう。

こんな言葉を
キャッチフレーズにしてる奴は
たいてい下衆な偽善者に
決まっている。

あなたの人生を逆転するのではなく、
好転しなくてはいけない。

そうするためには、
※三上で思い浮かんだことを
すぐに書きとめなくてはいけない。

そうしてすぐに実行することが
欠かせない。

この習慣を身に付けるだけで
たいていの問題は解決できる。
うまくいかないのは、

周りの責任ではない。
起きてることは

自分自身の責任なのだ。
行動できない自分自身の責任なのだ。

さあ、※三上で想像したことを
細かく細かく細かくして
最初の一歩を勇気を持って
踏み出そう。

今日、京極さんから
あなたは心理学者の先生みたい
と褒められて
うれしく思いました。

今日もご訪問ありがとうございます。
最後までお読みくださり感謝します。

※【三上】さん‐じょう〔‐ジヤウ〕とは?

《欧陽脩「帰田録」の「余、平生作る所の文章、多くは三上に在り。
乃(すなは)ち馬上・枕上(ちんじゃう)・厠上(しじゃう)なり」から》
文章を考えるのに最も都合がよい
という三つの場面。

馬に乗っているとき、
寝床に入っているとき、
便所に入っているとき。
posted by テルリー村上 at 15:19| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ | 更新情報をチェックする

「負けない私」って何よ?

いつも移動で利用している電車内にて。

朝の満員電車の中で
文庫本を手にして一心不乱に
立ち読みしている独身らしい女性に
目が止まった。

その本の題名は
負けない私 群ようこ著でした。

実はこれが”ムレヨウコ”を
知るきっかけである。

どんなところに出会いがあるかわからない。

さて、名前があるモノには、
すべてに物語がある。

そこには、いろいろな考えがあり、
いろいろな生きざまがあり、すべてが学ぶべき価値がある。

あなたの価値に合うモノを
見過ごさないように祈っています。

最後までお読みくださりありがとうございます。
今日もご訪問を感謝しています。
posted by テルリー村上 at 15:11| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ | 更新情報をチェックする

無意識にアクセスする。

「考えること」とは
「意識すること」である?


「考えること」を
ちょっと試してみたら
ものすごく疲れました。

試しに「呼吸すること」を
次のステップで意識して欲しい。

ステップ1 8秒間、息を吸う。
ステップ2 8秒間、息を止める。
ステップ3 8秒間、息を吐く。
ステップ4 8秒間、息を止める。
ステップ5 ステップ1からステップ4を
8回繰り返す。

いかがでしょうか。

いつもなら無意識に呼吸をしているでしょう。
「呼吸すること」を24時間、
あなたが生きてる間、
持続して意識することができます?

無意識にアクセスするための
ヒントになるかもしれませんね。

そして、「考えること」とは、
「意識すること」ことかもしれません。

今日もご訪問ありがとうございます。
最後までお読みくださり感謝してます。

posted by テルリー村上 at 14:10| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ | 更新情報をチェックする

本気は技(ワザ)を超える?

本気は技(ワザ)を超える?について
ふと気づきがあった。

「技(ワザ)」とは何だろう?
「スキルを磨く」って
どういうことだろう?


私が考える「技(ワザ)」とは、
先人の得たたくさんの結果から
あなたが得たい結果、
避けたい結果を選び出し

あなたが主体的に
先人の知恵を真似し、実践して
望む結果を再現するための
”あなただけの技(ワザ)”である。

つまり、
「本気は技(ワザ)を超える」ではなく、
”あなたの本気が技(ワザ)を創る”のである。

だからこそ、
万人すべてが創造者であり、
ひとりひとりに価値がある。

無価値のモノなどないのである。

今日もご訪問ありがとうございます。
毎日のアクセス感謝しています。
posted by テルリー村上 at 12:48| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ | 更新情報をチェックする