2015年09月10日

本物は本物をつくる。

あなたは、
本物と偽物の区別を
意識していますか。


あなたは、知らず知らずのうちに
偽物を偽物として
意識していないかもしれません。

つくられた人、
つくられた物、
つくられた事実。


本物を本物として、
真実を真実として受け入れること、
感じることが大切です。


どうしたら
本物を
享受できるのでしょうか。

あなたが本物になることが
一番の近道なのかもしれません。


あなたは、
本物と偽物の区別を
意識していますか。


今日もご訪問くださりありがとうございます。
あなたにいつもいつも感謝しています。
posted by テルリー村上 at 13:33| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ | 更新情報をチェックする

生活の満足度を数値で測る。

今、あなたは、
どんな生活をしていますか。

生きるための生活、
そして、休むための生活。
あなたの家族を養うための生活。
誰かの生活を助けるための生活。
誰かの会社の役に立つための生活。
誰かに喜んでもらうための生活。

あなた自身を高めるための生活。

いろいろな生活があると思います。


そこには驚き、怒り、喜び、悲しみが
あるのでしょう。


あなたの生活は、
誰が決めた生活でしょうか。

それは、あなたの運命、あなたの使命。
あなたが生まれたずっとずっと以前から
決められたものなのです。

ボーン・アゲイン

さあ、あなたの生活の満足度を
数値で測れる指標を思い出しましょう。

現在、どんな数値でしょうか。

そして、満足できる数値は
どれくらいでしょうか。

常にあなたが
満足できる数値目標を設定し、
計画しましょう!


きっと大事な何かに気づきます。


今日もご訪問くださりありがとうございます。
あなたにいつもいつも感謝しています。
posted by テルリー村上 at 08:24| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

あなたは、人生を何年に設定してますか。

親類が亡くなった。

その親類は、
無職の独身男性、享年37歳。

その日、彼はちょっとした風邪の
症状があり、体調が悪いので
午前中にかかりつけの病院へ行き、
自宅に戻ってからは、
布団に入り横になっていた。

そして、
夜7時頃に家族が布団の中で
息を引き取っている彼に
家族が気がついたそうである。


日常生活でテレビや新聞、
様々なメディアが
いろいろな無数の死について
洪水のように報道している。

見知らぬ人の死は、
あなたにとって
普通の出来事にように
感じているかもしれません。

しかし、
突然、あなたの身近な
人の死についてな知らされたら
どんな感情を
抱くでしょうか。

大きな衝撃を受けるのでは
ないでしょうか。


さて、
無職の独身男性、享年37歳。

あなたは、
彼の死についてどう感じますか

いろいろな疑問が
湧き起こるかもしれません。

どんな死因なのか。
どうして無職だったなのか。
なぜ独身だったのか。

いろいろな感情が湧き起こる
かもしれません。

あなたが、37歳で
突然、死を迎えるとしたら・・・。

あなた自身に置き換えると、
何かを感じるかもしれません。

生きているあなたの
今日という日が、
愛おしく感じられる
かもしれません。

あなたが、彼の死で
少しでも何か感じてくだされば、
彼の死も意味があったと
思えるのです。

少しでも彼の供養になると考え、
お伝えしました。


あなたの大切な人が、
今日を生きていても,
明日も生きているとは限りませんね。

あなた自身、
そしてあなたのご家族、
あなたの友人にも
悔いのない接し方が
必要なのかもしれません。


今日もご訪問くださりありがとうございます。
あなたにいつもいつも感謝しています。
posted by テルリー村上 at 22:50| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ | 更新情報をチェックする

価値観は、状態によって変わる。

あなたは、今どんな状態ですか。

あなたの状態を変えたいと
本気で願い、本気で望んでいる
かもしれません。

でも、ある日、突然に誰かが
あなたに手を差し伸べることは
ありません。

変えたいと思っているだけでは、
待っていても何も起きません。
何も引き寄せることはありません。

あなたを変えるためには、
あなた自身が行動する
根拠づくりが必要です。

そして、
行動する仕組みづくりが必要です。

あなたは、頭でわかっていても
何から始めたら良いのか思い付かず、
悩みが尽きないと
感じているかもしれません。

あなたの頭の中は、
悩みで満たされいるかもしれません。

まずは、
あなたの頭に浮かぶ消極的な言葉を
排除しましょう。

頭を積極的な映像で
満たしましょう。

頭に聞こえてくる前向きな声で
満たしましょう。

明るい映像、明るい声で満たしましょう。

毎日毎日、続けていると
ある日、
突然にあなたの価値観が
変わっていることに
気が付き驚くことでしょう。


わたしは、価値観が変わってしまうとは、
思ってもみませんでした。


今日もご訪問くださりありがとうございます。
あなたにいつもいつも感謝しています。

posted by テルリー村上 at 20:46| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ | 更新情報をチェックする

感謝して感謝される。

あなたは、
報いを求めない
どんな行動をしていますか。


「はい。」という返事。
「ありがとう。」という感謝のことば。
「ごめんなさい。」というお詫びのことば。


あなたは、
有形の何か、
あるいは無形な何かを
誰かに提供すると、
すぐに見返りを
強く意識してしまう
かもしれません。

あなたが直接関わる誰かからは、
あなたの利益になることは
何も返ってきません。

そういうことを
意識しないことは難しい。

だからこそ、
あなたの意識する力が
100というレベルであるなら
1にしておきましょう。

あなたの善意は、
身近な人には
伝わらないものなのです。

近くすぎて認識できないのです。

距離が遠く離れたり、
時間が長く離れたりすると
見えてくるものなのです。



あなたは、
報いを求めない
どんな行動をしていますか。


今日もご訪問くださりありがとうございます。
あなたにいつもいつも感謝しています。
posted by テルリー村上 at 14:22| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ | 更新情報をチェックする