2015年09月16日

人との交わりに3倍喜びを感じる方法

ぼくは、小さい頃、人と交わることが
嫌いだった。

幼稚園の頃、砂場で一人で
遊んでいる子供だった。

よくトミカという
ミニカーでよく遊んでいた。


とても自動車が好きで
オトナになったら
タクシーの運転手になることが
夢だったらしい。

全然覚えてないのだが、
一人でいることが好きな子供が
車をお客を乗せる仕事に
興味を持つわけもなく単純に
車の運転がしたかったのだろうか。

 いくら一人でいるのが
好きでもといつかは飽きる。

どんな人でも
どこかに人との接点がありますね。

気がつくと人と交わる道具が
溢れているので気軽につながることができる。

そして、
誰でも願えばどんなことでも
表現できる。そんな時代ですね。

テレビ、ラジオ、本、CD、DVD、新聞、雑誌・・・。
そして携帯電話、電子メール、
インターネット、ブログ、SNS・・・。

意識しないと、
あらゆる人からの情報を受け取るばかりで
どんどん膨れあがるばかりになってしまう。

いつかは情報を発信する欲求が
高まってくるかもしれません。

さて、人との交わりで喜びを
感じるためにはどうすれば良いのでしょうか。

1つめは情報をお互いにやりとりする、
双方向にする。

何かを発信したら反響が欲しいものです。
言い放しだとどうしても不安になります。
何か感想や評価をもらうことで
安心できるし励みになります。

2つめは相手との距離を短くする、
会う時間、回数を増やす。

実際に会うことです。
会ってみると意外なことに多く気がつきます。
もともと気が合って付き合い始めてますから
もっと関係が良くなります。
ネット上だけでなくオフ会を開催が盛んなのも、
必然なんですよ。

3つめは共感でつながるように
心がける。

同じ仲間がいることで孤独の寂しさから
開放される。
生きる喜びを感じる瞬間も多いことでしょう。
あなたのつながりの中の誰かのために
何かをしようという感情が起こると、
より生きているという実感が
強固な信念になります。

もし、何から始めて良いかわからなれば、
一つ提案があります。

読んでいて気になるブログに
コメントを入れてみてください。
ブログを書いている人は
何かをあなたに伝えたいと思って
情報を発信しています。
いつもコメントを待っているものなのです。

あなたの何でもないコメントの投稿から
意外な人との交わりが
始まるのかもしれません。


今日もご訪問くださりありがとうございます。
あなたにいつもいつも感謝しています。

posted by テルリー村上 at 06:59| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

引っ込み思案のあなたが対人スキルを50倍速で手に入れる方法

 ぼくは、何とか人を意のままに
操れるようになるために、
対人スキルを貪欲に学んできました。

 あらゆることを想定して
妄想のなかで、
一人でやり方を何100回も
繰り返してました。

そして、
いつも目の前で起こることを
観察して傍観者でいました。

いろいろと知ってるので、
あとで頭の中で再現して
「うん、うん」と納得して
自己満足してました。

いつもアタマの中では、
成功しているのです。

 何かしないといけないと
思うのですが、
そのきっかけつかめないのです。

失敗することを考えると、
はじめの一歩が難しいのです。

「勇気を持ってやってみろ!」と
言われても
はじめに何をやればいいのか
想像できないのです。

 そうして、あることに気づきました。

 失敗してみることを中心に考えると、
はじめの一歩が面白いように
踏み出せるようになりました。

 そう、「今日は、失敗がいくつできるか。」と
いうふうに考え方を切り換えてみたのです。

実際にやってみて、
最初はうまくいかないことが多いけど、
何100回も失敗することは、
かえって難しいのです。

ある人は、おかしな格好をして、
2時間、大勢の人と
すれ違うにぎやかな街を歩く、
という「苦行」をつづけた。

彼は、帽子をかぶる、という
他人には何が「おかしい」のか
分からないところからはじめて、
チャレンジのたびに
「おかしさ」を徐々に上げていった。

(かぶりものには、
さまざまな「おかしさ」のものがあるので
利用できる、
たとえばニット帽子から野球用の帽子に、
そこから野球のヘルメットに、
さらにフルフェイスのヘルメット
に、さらには覆面に、といった具合に)。

ある段階からは、
「おかしな格好」のまま、
他人に話しかけることにもチャレンジした。

最初は時刻を尋ね、
その次は今日の日付を、
さらにその次は「今何年ですか?」と
尋ねるようにした。

尋ねる人数も一人から、
段階的に増やしていった。

彼の感想は、
無視されることもあったが、
思った以上の数の人が
嫌そうな顔もしないで
親切に応対してくれたそうである。

あなたは、
「こんな苦行ができないよ。」って
思うかもしれませんが、
知識、スキルを手に入れて、
実行しないままだと
何の効果もないということなのです。
何の変化も起こらないのです。

 あなたが対人スキルの実践に
ためらっているなら、
すぐにでもはじめられることが
たくさんあります。

 明日から左右の足に色の違った靴下を
わざと履いて出かけるという「恐怖」を
体験してはどうでしょうか?

あなたが思っている「恐怖」よりも
明らかに、体験してみた「恐怖」が
ちっぽけなものに気づくことでしょう。


最後までお読みくださり、ありがとうございます。
posted by テルリー村上 at 21:05| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ | 更新情報をチェックする

パワハラ系の口撃を楽しみに変える方法

パワハラ系と仕事をするときに
苦痛を感じてませんか。

できることなら
パワハラ系と
仕事したくありませんね。

でも、見方や考え方を知ることで
愛すべき対象に
変わるかもしれません。


ぼくは、幼少の頃に
イジメられっ子からイジメっ子に
変わった衝撃の体験を
持っているので双方の気持ちを
理解しています。

ぼくが、いじめられっ子だったとき、
いつもいつも「天然パーマの中国人」、
「てるてる坊主」というあだ名で
からかわれ続けてました。

そのときは、ホントに辛かった。

いやそうな顔をしても、
言い返さなかったので
いろんな嫌がらせに
発展していきました。

ぼくの感情表現が未熟で
反応が鈍かったことと、
我慢強く、忍耐強い性格だったので
イジメに対して寛容になっていったことが
原因だったんだと思っています。

多くのストレスを
蓄積して限界に達したとき
何かが吹っ切れて爆発しました。

最後には、
イジメっ子軍団と大喧嘩となり、
あっさり相手に勝ってしまい、
立場が逆転したのです。

そのとき理解できたことの一つは、
「”もう耐えられない”というところまで
我慢してはいけない」
ということでした。

つまり、
裏を返せば、
パワハラ系になる人の特徴は、
辛い気持ち、恐れている気持ちを
許容できない人なのです。

仕事のこと、家庭のこと、
将来のことに対する恐怖心に
おびえているために、
弱いところに気晴らしとして
嫌がらせをしているのです。

そう考えると
いろんな楽しみ方があると
思います。

パワハラ系について
どんな人か調べてみると
いろんな意外な事実が
出てくるでしょう。

興味深いものがある
かもしれません。

あなたが、知らないことで
相手をパワハラ系と
思い込んでしまっている
かもしれません。

次のステップでパワハラ系を
観察してみてください。

1.使っている言葉に注意してみる。
どんな口癖を持っているか。
2.どんなときにうれしいそうにしているか。
3.どんなときによく怒っているか。
4.毎日、必ず欠かさずやっていることがあるか。

この4点に注意を向けていると
あなたの苦手なパワハラ系の性格が
わかってきます。

まずは、
パワハラ系の口癖について
観察してみてください。

観察方法は次の通りです。
ステップ1.専用のメモカードを準備する。
ステップ2.1日、口癖と感じる単語を専用カードに
      書き留める。
ステップ3.専用カードで書き留めた口癖を
      自分でも使いたいかどうか評価する。
ステップ4.可能なら同僚、部下とパワハラ系の
      口癖についてあなたの考えをシェアする。

ぜひ、実行してみてください。
かなり楽しめますよ。

そして、
あなたにとってパワハラ系から
愛すべき子犬系に
変わるかもしれません。


最後までお読みくださり、ありがとうございます。
posted by テルリー村上 at 19:16| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ | 更新情報をチェックする

あなたの本気

あなたは、いつも本気ですか。


「いつも本気だよ。」という
人間は、人種、性別、年齢、地域、
階層・組織・グループに少なく、
あるいは、いないのかもしれません。

運よく本気の人間と出会い、
観察してみると、
何か分かることがあるかもしれません。

どんな人間でしょうか。

あなたと
どこか違うところが
あるのかもしれません。

ほんのちょっと行動する
タイミングが早く、
時間で測ることのできない感覚、
氣持ちの間かもしれません。

目に見えない違った空間が
あるように思えるかもしれません。

見えたり聞こえたりするイメージが
知識、経験がないと
違ってくるかもしれませんね。


あなたは、いつも本気ですか。


今日もご訪問くださりありがとうございます。
あなたにいつもいつも感謝しています。

posted by テルリー村上 at 14:51| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ | 更新情報をチェックする

人間関係を3倍良くする初めの一歩

生きてると
いろいろ悩むことがあるよね。

朝何時に起きようか。
今日はどんな服を着ていこうか。

朝ご飯は何にしようか。
あらかじめ決めてないと
考えてるだけで
時間がなくなっちゃう。

で、うっかり忘れ物したり、
時間に遅れちゃったり、
そして、
あなたの周りの人から
信用をなくしたりして
立場を悪くしたりする
かもしれませんね。

最初から決めておけば
イイことなんだけど
どうしても面倒くさくて
放ったらかしに
なってしまうことって
多いよね。

どーでもイイことなんだけど
毎日やらなきゃいけないことって
ちょっと時間をとって
考えてみるといいんだよね。

そう5分でいいんだ。

寝る前に5分だけでいいんで
明日の朝の行動を紙に書いてみてよ。
それをできるだけ
毎日やっている順番に書いてみて。

とりあえず最初は、
明日の朝は
「5時30分に起きる!」と
紙に書いてすぐ寝るといいよ。

実は、テレビ局に勤めてる知人が
「朝起きられなくて
どうしたら起きられるようになるかな」と
質問されたんで
教えてあげたらうまく起きられるように
なったと喜んでもらったんだよ。

まずは、
これを3日間実行してみて
どんなふうになったか感想を
コメントくれたらうれしいな。

今日もご訪問くださりありがとうございます。
あなたにいつもいつも感謝しています。
posted by テルリー村上 at 14:35| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アーカイブ | 更新情報をチェックする