2017年07月11日

中村 信仁 (著) 営業の魔法―この魔法を手にした者は必ず成功する 書評・レビュー

いつもありがとうございます。







すべての営業の道は
永業塾からはじまる。






物語には考え方を伝える要素で
満ちています。


DSC00749.JPG


スーパー営業マン神谷さんに
弟子入りしたダメ営業マン小笠原君の
サクセスストーリー。


新入社員の小笠原君は、
営業部に配属されてからの半年間、
売上げゼロのダメ営業マンだった。


自信をなくした彼は、
朝礼のあと伏魔殿のような喫茶店に逃げ込み、
夕方までの時間をやり過ごす毎日。

そんなある日、
全身からオーラを放つ
スーパー営業マン紙谷さんと出会う。

紙谷さんは二冊のバインダーを巧に操り、
瞬く間にお客様をイエスへと導いていた。

まるで魔法に掛かったかのように喜ぶお客様の姿を
目の当たりにした小笠原君は、
スーパー営業マン紙谷さんに頼み込み、
営業についてのレクチャーを受けることになる。

そして、一ヶ月半に渡る
早朝六時からの実践レクチャーが始まった。

紙谷さんは本物の魔法使いの如く、
ダメ営業マンの小笠原君に
十一個の魔法を伝授する。

本当の営業を知った小笠原君は、
瞬く間にトップ営業マンへと成長していた。

しかし、最後の魔法、
十二個目を伝えないまま紙谷さんは
小笠原君の前から忽然と姿を消す。

紙谷さんの身に何が起こったのか。


DSC00721.JPG


永業塾の5つの道

一、正しく売る栄業 (栄える営業)
一、喜ばれる衛業 (幸せを守り続ける営業)
一、誰もが憧れる英業 (美しく優れている営業)
一、人間力溢れる叡業 (深く静かなる営業)
一、成長し続ける永業 (限りなく続く営業)



小手先のテクニックは通用しない。

心が技術を超えないと、
技術は生かされない。

あなたの感情を高めて
感動域まで達して、
確信しないと
お客様に伝わらない。


物語の中で小笠原君が
問題に直面した状況を
心象心境に共感すると
気持ち、感情が大事なことが
腹にストンと落ちてきます。


download.jpg


著者は1984年に18歳で
ブリタニカ百科事典の
営業を始めます。


4年で退社。


ブリタニカは
フルコミッション(完全歩合制)の給与制度
基本給も交通費もない、売れなければ
給料0円の厳しい世界でした。


pop_okotowari_sales.png


営業職で話法のテクニックを
習得し成功した人、
覚悟を決めた人が、
教える側に入り
教育ビジネスを始めます。

そして、
本を出版し、
ラジオ番組を担当することが
あります。



著者も、
このステップを進んでいます。


話法から始める
コミュニケーション能力の向上は、
パワフルです。

話法に
マインドセットが加わると
鬼に金棒。


営業に限らず、
どんな仕事でも
不安を感じることが
少なくなるかもしれません。


そして、
営業って素敵な職種なんだ
と感じる、

営業以外の人が
読んでも面白い本です。



話す、聞く、書くの
コミュニケーション能力に
役立つと思います。


DSC05821.JPG



↓マインドセットが充実した教材、詳しくはこちらへ
https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/enter/#rHVHaS
posted by テルリー村上 at 05:49| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください