2017年05月19日

キムタク X 老眼告白 老眼を克服し改善する方法

いつもありがとうございます。



突然、文字が見づらくなる
かもしれません。


40歳を超えると
老眼鏡をかける人を
よく見かけました。

images.jpg


私も、数年前から
近視なのですが、
近くの文字が見づらくなりました。

近視は老眼にならないと
思い込んでいたので
とてもショックです。



有名人では、
奥田民生、梅宮アンナ、
国分太一、
有吉弘行、マツコ・デラックス

木村拓哉。

次々と老眼が始まったことを
告白しています。

若くなくなりましたと
宣言してしているかもしれません。


しかし、
最近では、「スマホ老眼」という
言葉が生まれ、
10代20代の若者の間で
老眼が増えているそうです。



老眼とは、
年齢を重ねることで
ピント調節機能が弱くなり
モノが見えづらくなることです。

一言でいえば"ピント調節力の低下"。


目の老化度チェックで
近点という目安があります。

目のピントが一番近くであう場所の距離です。

【近点のおおよその目安】
30才……14センチ
40才……20センチ
45才……40センチ

img_02e.png


老眼になっても
生活に困りませんが、
何かと不自由です。



まずは
老眼を改善するために
毛様体筋 トレーニングから
始めようと考えてます。

平松類著の『100円メガネで視力は回復する!!』で、
使い過ぎてしまったために
凝りかたまった毛様体筋をほぐし、
本来のピント調節力を蘇らせる方法が
紹介されています。

やり方は簡単。

+2度の老眼鏡をかけ、
1〜3メートルほど先の景色を
1日1回、ぼんやりと5分間眺めるだけ。

毎日続けていると、
ピント調節力がアップし、
老眼や近視が改善してくるのだそうです。



他にもっと良い改善方法があれば
教えてもらいたいですね。



↓詳しくはこちらへ
https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/enter/#rHVHaS

posted by テルリー村上 at 05:17| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック