2017年05月12日

文章家の観察眼を身につけるための心構え

いつもありがとうございます。



文章家には独特の観察眼があります。


文章家には、
物事を細かく分析して
多くの人々に分かりやすく
文章に起こし
伝える力が必要と思います。

多くの人々に伝えるには
難しい言葉を
易しい言葉に置き換える。

分かりにくい複雑な物事を
単純な物事の例え話に
置き換える。


何事も
易しく置き換えることで
認知度が高まります。


だからこそ、
文章家としての
観察眼を養うことが
重要です。



伝えたい事を
知ってもらう、認知度を上げるには
よく観察し、多くの事を言語化して
自分の個性を活用した脚本づくりが
欠かせないと考えています。



単純な単語の集まり、
項目の箇条書きでは
認知度は高まりません。

例えば、
ある商品を販売する広告で
商品名と価格だけでは
訴求力が欠けています。

スーパーマーケットのチラシ広告は、
有効に機能するかもしれません。

家や車、保険など高額商品の
広告では不向きです



大事な事を伝えるために
物語りの脚本づくりの
視点を持った観察眼を身につければ
文章家の技術が向上するかもしれません。



どうしたら短期間で観察眼を
向上できるか。

そのための習慣つくりの
エクセサイズが知りたいです。


DSC08584.JPG

↓詳しくはこちらへ
https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/enter/#rHVHaS
posted by テルリー村上 at 05:26| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449806304
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック